和身塾

あなたの院に最も合理的な投資はどれ?

整体院経営


こんばんは、山崎です。

先月は初めて、わしん整体院の
売上が200万円/月を超えました。

年間1200万円も達成。

最低限の目標をクリアしましたが、
今年は次のステージを目指そうと思います。

また、1月より
芯伝整体の講座をスタートし、
治療家、整体師さんのコンサルをしました。

売上は、
20万円/月~40万円/月。

という層の人が多かったのですが、
ヒアリングすると、
大きく2点の改善の必要性を感じました。

その2点とは、

1)自信の回復(リピート率改善)
2)認知活動の徹底

です。

商品やサービス内容に自信がないため、
リピートを提案できない。

高額回数券や高単価商品を提案できない

という人は、
認知活動にも力を入れることができません。

そのため、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まず、自信の回復からのスタートです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自ら提案するサービスの品質を高めると、
自然とリピートを促せます。

「自分のカラダが心地良い」
「家族に伝えたい」
「周りのみんなにも伝えたい」

という気持ちが湧き上がるよう、
提供するサービスの質を高めてもらいます。

その次は、認知活動。

どの程度の『売上規模』を望んでいるか、
また、治療家のタイプによって、
始めやすい認知活動から
取り組むとよいでしょう。

あなたも、ご自身ならどうするか
考えながら読み進めてくださいね。

さて、私の講座には、右脳優位な
女性の参加者が約半数います。

売上規模よりも、
生き甲斐や働き甲斐を求める女性に、

「HPの成約率を高めよう」

と伝えても反応してもらいにくいので、
相談しながら活動内容を決めます。

まず、予算を掛けられるか否か。

1)無料
2)有料

どちらの方法を選択するかを決めます。

短期で大きな
売上を伸ばしたい場合には、
有料の媒体を勧めます。

それより、リスクをなるべく回避して、
1年単位(中長期)で売上を伸ばす場合、
無料の媒体からスタートするのもアリだと
思っています。

無料での活動は、

・クチコミ
・SNSでの情報発信
・無料媒体の活用(ポータルサイト)

を中心にして、有料での活動は、

・チラシ
・エキテン、ホットペッパーなどの有料広告
・地域紙への広告
・HP作成、PPC広告

を中心に力を注ぎます。

女性の中には、クチコミだけで、
月50人、月100人集める人がいます。

コミュニケーションが得意な人は、
無料の媒体だけでも十分に人は集まります。

足りないのは自信だけです。

しかし、

コミュニケーションが苦手な男性の場合、
最初から有料の媒体を検討してもらいます。

・コスト
・費用対効果

の面で優れている
チラシからスタートする人が多いですね。

わしん整体院では、
開業2年目、ホットペッパービューティに、

・126万円/6ヶ月
・36万円/6ヶ月

という投資をして実験しました。

1年目は売上が10万円/月から、
2年目は売上が50万円/月になったので、
こうした投資もアリだと思います。

院長はクチ下手なので、
クチコミよりも論理的な戦略を選択しました。

地域特性や人のタイプもあるので、
この集客方法が良いとは決められません。

全て実験、テストというマインドですね。

3年目は、HP&PPC広告とチラシに
力を注いで、売上は
100万円/月を達成できました。

今年は広告への投資額を増やしています。

今、何にエネルギーを注ぐべきか?

ここが分かれば、
少しリスクを背負ってチャレンジできます。

「サービスの質を高めるのか?」
「チラシをうつのか?」
「地域紙への掲載をスタートさせるのか?」

エネルギーを注ぐ場所を決めます。

そして、

次の戦略はどれで行くのかも、
朧げに当たりをつけて検討しておきます。

認知活動の効果測定をするのに、
短すぎても長すぎても不合理となるので、
約3ヶ月単位での見直しをすると、
合理的な投資が実現できると思います。

 

追伸) 

山崎の最高峰クラスである 
マスターマインドの一般募集を開始します。 

【4月】に募集を行う予定です。 

大々的な募集はやりたくないので、 
メルマガ内だけの募集とさせてもらいます。 

 

それでは今日はこの辺で。 

ありがとうございました! 

山崎

 
 
 

============================
感動を呼ぶ「芯伝整体」の秘密
https://washinjyuku.com/shindenlp/

『身体の使い方の秘伝』など、
期間限定で2大特典を無料プレゼント中!
============================


身体の使い方の理