和身塾

プライベートから集客に繋げるには?

整体院経営


こんばんは、山崎です。

先日は整体院のお客さんとディナー。

大阪の繁華街でご飯と、
夜のクラブにお誘いいただきました。

帰りのタクシー代まで、
全てお客さんに奢ってもらいました。

ありがたやー。

その日のクラブでの出来事です。

クラブではホステスさんが席に着くと、
まず、自己紹介をされます。

僕も「整体師」だと名乗ると、
ホステスさんから身体の話を振られます。

そして、
「触ってー」とリスエストされました。

触ってみると変化に驚かれ、
補足で『痛みの仕組み』のお話をすると、
何やらスマホでポチポチと。

その場で、
整体院の予約を取ってくれていました。

オーナーの僕は
新規予約を受けていないと伝えましたが、
院長の予約を取られていました。

「行動はやっ!」

と思わず口に出ましたが、
ホステスさんは、
楽しみにしてくれているようです。

次の日は、

担当の税理士さんからメールがあって、

「ギックリ腰になったから
 院長の新規予約を取らせてもらいました」

と連絡がありました。

税理士さんとは、
普段からプライベートな話をしています。

信用してくれていたのでしょうね。

施術後、税理士さんからは、

「椅子に座れるようになりました」

という報告をくださり、
次回の予約も取っていただきました。

うちは義父も整体院に通っています。

整体師養成講座の生徒さんのお母さん、
生徒さんの友だち、
僕が東洋思想を学ばせてもらった先生など、
心理的距離が近い人が通っています。

「何故、知り合った人が顧客になるのか?」

答えはとても簡単です。

それは、こちらから一切、
“押し売り”をしないからです。

「整体院に通ってほしい」

と一言も言わず、思わず、
関わった人の『悩み』に耳を傾けるだけ。

お母さんがバネ指なので、
どうしてあげたら良いかと質問をされた
ホステスさんがいました。

そしてアドバイスをしました。

このお母さんが
整体院の予約を取られたわけではないけど、
楽になってくれたらいいなと思います。

友人、友人の家族、友人の友人、
家族の友人、ご近所さん、
行きつけの美容室のスタッフさんなど…

周りをよく見渡してみると
痛みに困っている人だらけです。

プライベートな時間でも、
仕事の話になることは多いですから、
集客のチャンスはたくさんあります。

そこで、

「顧客にしよう」

と思うのではなく、
ただ関わった人にベストの提案をする。

というだけでも、
関わった人がご縁を繋いでくださって、
紹介してくれることもあります。

たとえば、お正月も親戚などが
集まるチャンスだったと思います。

「灯台下暗し」

という諺(ことわざ)がありますが、
親戚との雑談の中から、
仕事に繋がる話が出てくるかもしれません。

雑談を大事にしてくださいね。

ご縁が繋がることを祈っています。

 

追伸) 

山崎の最高峰クラスである 
マスターマインドの一般募集を開始します。 

【4月】に募集を行う予定です。 

大々的な募集はやりたくないので、 
メルマガ内だけの募集とさせてもらいます。 

 

それでは今日はこの辺で。 

ありがとうございました! 

山崎

 
 
 

============================
感動を呼ぶ「芯伝整体」の秘密
https://washinjyuku.com/shindenlp/

『身体の使い方の秘伝』など、
期間限定で2大特典を無料プレゼント中!
============================


身体の使い方の理