和身塾

和の身体術DVDがベストセラー1位、カラダの触れ方について

芯伝整体


山崎です。

DVD『和の身体術』の予約販売がスタート。

 

スポーツ・フィットネスのカテゴリで、
【ベストセラー1位】となりました。

============================
【和の身体術】背骨と調和のパワー
~潜在能力を100%発揮する方法~
============================

先行予約注文はこちらから
→ https://www.amazon.co.jp/dp/B08LN5KSJ7/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_HcTOFb3VJ03XR

※ 11/20(金)発売予定で、
 11/13(金)は『秘伝』で5ページの特集

和身塾YouTubeチャンネルから、
40人以上の方に購入いただいたようです。

DVD到着をお待ちいただければと思います。

最近、芯伝整体の体感セミナーで、

・触れ方

の違いについて、
比較検討してもらう機会を増やしました。

僕が触ると

「芯まで快の感覚が届く」
「頭で考えず、心からリラックスできる」
「全てを包まれている感覚がある」

と、感想をいただきます。

一方、普通の人が触ると、
感覚は『表面のみ』にしか至りません。

これは、

1)心:人間性(関係性)
2)身体の使い方

の違いなのですが、
本当に大きな違いは『心』の在り方です。

究極、があるかどうか。

笑いごとではなく、
人に触れる『心構え』が技術の前提です。

道具を扱うことも同じ。

イチロー選手はバットを大切に扱いますし、
料理人は鉄板を磨き包丁を研ぎます。

触れる人の
『心構え』と『行動習慣』の違いですね。

例えば、コップを持つ動作。

どのようにコップを持ち、
どれぐらい筋肉を出力させて持つのか?

500mlのペットボトルを、
800gの力を出力させる必要はありません。

日常の触れ方に全てが現れています。

合気道『養神館』を創設し、
バキ渋川剛気のモデルである塩田剛三翁は、

「歩く姿が武である」

と、言い遺されたそうです。

地面に触れる足裏、背骨の位置、
肘や膝の使い方、他者との関係性など、

・日常の立居振る舞い、触れ方

などを意識すると、
自己鍛錬に励むチャンスは限りありません。

日常、ずっと成長できるんです。

難しいのは、対人間です。

人間は余裕がなくなった時、
無意識のうちに他人を騙してしまいます。

はっきり言うと、嘘つきになります。

人間は嘘つきだらけですから、
対人間で修行できる機会は果てしなく多い。

僕はそのように捉えています。

昔、僕自身も嘘をついていました。

10年前の嘘が、
まだ、自分の心の奥にわだかまっています。

「先生に、嘘ついてしまったなぁ」

という、後悔の念が未だにあります。

気に入られようして、
『いい顔』をしてしまっていた自分。

飲み会なども同じ。

行く行くーと言いながら、
ドタキャンした経験ある人もいるでしょう。

上っ面で生きる人間が、
人の芯に届く触り方などできやしません。

自分や他人に嘘をつかないこと。

そんな生き方を大切にすると、
『魂』は磨かれるだろうと僕は信じます。

◆芯伝整体体感セミナー&
『芯伝整体師』5期養成講座 説明会

→ https://washinjyuku.jp/l/c/HZ4cMt7v/blrgPJJT

次の芯伝整体師養成講座は、
山崎が『メイン講師』から抜ける予定です。

今期が最後なので精一杯、やり切ります。

追伸)

◆芯伝整体体感セミナー&
『芯伝整体師』5期養成講座 説明会

スケジュールと会場は、こちらです。

=日時==========

11/11(水) 13-16時:東京:残り1名
11/12(木)13-16時:東京:残り3名
11/23(月)13-16時:大阪:残り7名
11/29(日)13-16時:東京<新規追加>

=============
※ 各日程1会場につき、基本
【定員10席】となります。
※ 満席になり次第、終了します。
=============

体感セミナーでは、

カラダが軽くなる芯伝整体、
芯伝整体師がコロナ禍で活躍できる理由。

なども、余すことなくお伝えします。

養成講座の内容は、

・痛みをやわらげる芯伝整体
・身体の使い方
・健康の本質
・永続する経営体質やマインド
・顧客(人)との関わり方

などをお伝えする講座です。

興味をお持ちの方は、
会場に足を運んでもらえたら嬉しいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆芯伝整体体感セミナー&
 『芯伝整体師』5期養成講座 説明会

→ https://washinjyuku.jp/l/c/HZ4cMt7v/blrgPJJT

~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました!

山崎


身体の使い方の理