和身塾

売れるメニュー作りの第一歩

整体院経営


こんばんは、山崎です。


最近、ダイエットを始めました。
5月中旬~8月中旬までで、
17.5kgの減量を目標としています。


成果にコミットする癖がつくと、
高付加価値サービスが売りやすいですね。


普通、治療家は施術を売ります。


高付加価値サービスや高単価サービスが
バンバン売れる方は、
施術ではなく価値や成果を売っています。


・施術:1回5000円
・成果:何十万円(ライザップなど)


成果を売る癖がつくと、
高単価サービスでも
需要があるということです。


先日、

整体院をオープン予定の方の
コンサルティングを行っていました。


メニューは、頭蓋骨療法とのこと。


そして、

・頭蓋骨療法専門の整体院

にしようと思っていると話されたので、
「それだと患者さんは反応できない」
というようにハッキリとお伝えしました。


「頭蓋骨療法をやってほしい」

という患者さんは、
おそらく世の中にほとんどいないはずです。


例えば、

「乱れた自律神経をコントロールしたい」
「肩凝りをやわらげたい」

などの要望(成果)に対して、
頭蓋骨療法という手段を用いているだけ。


患者さんは、手段に興味はありません。


芯伝整体師養成講座の先生さんでも、

「芯伝整体サロンをオープンしたい」

という声を下さいますが、
世の中の一般人は芯伝整体を知りません。


ですので、

・頭蓋骨療法専門のサロン

という方向性ではなく、


患者さんに対して、
~~~~~~~~~
どんな成果を約束できるのか?
~~~~~~~~~~~~~~


ココに真剣に向き合うことで、
苦しい経営状況から抜け出せると思います。


先程の例だと、

「乱れた自律神経をコントロールしたい」
「肩凝りをやわらげたい」

という要望に対して、
成果を出せるように真摯に向き合うこと。


次に、成果を出すための、
メニュー(付加価値)にするかを考えます。


整体、セルフケア、エクササイズなど、
本当に成果が出るためのメニューと、
成果が出るまでに必要な期間を決めます。


その後、モニター募集をして、
成果が出たお客様の声を院内に掲載します。


HP内や院内ニュースレター、
LINE@などに載せるのもアリだと思います。


まとめると、
高単価サービスが売れる順序としては、

—————————————–

1)成果を出す方向性を決める
2)高付加価値サービスを考える
3)モニター募集でお客様の声を集める
4)興味を持った方にサービスを提案する

—————————————–

という流れです。


まず、最初の

1)成果を出す方向性を決める

ここを決められない方が多いと思うので、
1)の決断から始めてくださいね。


参考になれば嬉しいです。


ありがとうございました!


山崎

https://washinjyuku.com/shindenlp/

============================
感動を呼ぶ「芯伝整体」の秘密
→ https://washinjyuku.com/shindenlp/

『身体の使い方の秘伝』など、
期間限定で2大特典を無料プレゼント中!
============================

 


身体の使い方の理