和身塾

学校では教わらないカラダと人生の知恵 

芯伝整体


山崎です。

昨日は、漢方風呂へ。

酸化を『還元』に傾けるべく、
週1日ペースで漢方風呂に通っています。

マスクや手洗い、うがいより、

・免疫力UP
・還元力UP

という本質から変えることを大事にして、
日々を過ごしています。

酸化を防ぎ、体温を上げ、
生命力の溢れる食事を習慣化すること。

目指すところは、根本改善や習慣化

僕の姿勢も、理想に近づいてきました。

首の筋肉、筋膜がゆるみ、
常に『顎を引いた姿勢』が楽にとれるように
なってきたと実感しているところです。

お腹の緊張が抜けたら姿勢は変わります。

お腹の緊張が抜けると、
内ももの緊張が抜けて柔らかくなります。

サイズも細くなるのが面白い。

足の甲の緊張が抜けたら、
もっと面白い姿勢が作れそうな予感あり。

カラダが変わる喜びを共有したいですね。

===========================
学校では教わらないカラダと人生の知恵
===========================

昨日、

ローランド脱毛サロンの、
『無料カウンセリング』を受けました。

「うん、なるほど」

と思ったのは、
情弱が相手のビジネスモデルということ。

ローランドの名前だけで、
信用する人を相手にしたビジネスモデル。

食べログ上位店の価格は高い。

ということと同じで、
食べログ上位店は最近4万~7万が多いです。

価格の理由の大半は、ブランド代

ローランド脱毛サロンも同じで、
価格は『相場』の2倍~5倍ほどしました。

1回の体験はありません。

体験するとなると、
VIOと顔の脱毛で、1回8万以上しました。

「価格が妥当かどうか?」

と他店と比較検討したら、
『明らかに高い』と感じてしまいました。

ローランドの店も、他の店も、
同じ機械を使っているのに価格は違います。

他店との価格の違いは、

・ブランド
・立地
・空間の内装
・スタッフの人件費

などであり、
僕は上記に『価値』を見出せませんでした

一方、波動測定

同じ機械を導入している店でも、
店舗によって『価格』の設定は違います。

僕が行ったのは価格の高いところ。

高いところを選んだ理由は、
開業医によるカウンセリング付きだから。

カウンセリングに『価値』を見出した

ということであり、
ローランド脱毛サロンや食べログ上位店が、
悪いと言っているわけではありません。

僕が『価値』を感じないだけ。

コンサルティングやマーケティングなども、
都会系は『ブランド代』が高い。

価格は、(バブルの)ブランド代が主。

ライザップも、ブランド系です。

整体治療系も、
ブランド代で商売しているところが多くて、
うちは『中間』に位置すると思っています。

ブランド系よりも、

・技術、知識、サービスの価値は高く、
・価格は相場より安い

という位置付けで、
うちは商売をすることを目指しています。

少し、僕の過去の話をさせてください。

片頭痛歴、30年

2週間に1度は頭痛薬を飲み、
1ヶ月に1度は痛みが強くて嘔吐しました。

これを20年ほど繰り返した人生でした。

スポーツ整形外科、整形外科、
そこで働いて治療を受けても結果は出ず。

さらに、痛みは酷くなったほどです。

病院にある本を読み漁り、
ネットでひたすら痛みについて調べる日々。

頭痛薬に頼って20年が経過し、
ようやく、

・薬を断つ

という決意をして、
以降、10年は薬なしで痛みと向き合って、
ようやく、片頭痛から解放されました。

これが自分が体得した知恵

情報や知識ではなく、
自分の中に『知恵』として昇華できました。

痛みに苦しみ続けましたが、
病院や治療院、その他ネットの情報には、
求める『結果』が得られなかったんです。

痛みには、長く苦しめられました。

30代前半、サラリーマンから独立起業。

ずっと独立を考えていたので、
独立のための勉強をしてきたつもりでした。

しかし、独立して結果は惨敗でした。

独立1年目は年商300万、2年目は400万円、
現実は想像の3倍、厳しかったです。

情報や知識をあてにすると、
『甘え』が出ることを経験で学びました。

・現実は、そんなに甘くない

このような教訓を学び、
『自分の想定は甘い』と思うぐらいの方が、
メンタルが安定することを学びました。

学校やスクールで学ぶのは、大抵が知識。

形式知と言いますか、
既に『正解』があるとする学びが一般的。

学校教育が、まさにこの学びです。

整体スクールやセミナーも、
「技術を教わる」という形式のものです。

僕が学んだ武道の稽古は、

・教えない、自分の感覚で掴みなさい

といった教えで、
学び方を学ぶ本質的な稽古スタイルでした。

田坂広志氏によると、

知の本質は、

1)臨床の知
2)身体感覚の知
3)暗黙の知

であるとして、

臨床の知は、体験を通じてしか身につかず、
身体感覚の知は、身体感覚を通じて学び、
暗黙の知は、言葉によっては表現できない。

これらが『知の本質』であると言います。

師匠が教えてくれるのではない。

・自分で本質的な『知』を掴みなさい

という稽古スタイルが、
知恵の体得に繋がったと確信しています。

ダボス会議にも出席する田坂広志氏は、

知的プロフェッショナルへの戦略
http://hiroshitasaka.jp/book/2943/

という本で、ビジネスマンの
『キャリア戦略』について書かれました。

本質的なことばかり、書かれています。

田坂氏の著書に触れ、
共に人間的に成長できたら嬉しく思います。

追伸1)

情報や知識を超えた、体得の知恵

芯伝整体師養成講座でも、

1)臨床の知
2)身体感覚の知
3)暗黙の知

という知の本質を提供し、
AI時代に淘汰されない人間を増やしたい。

こう思っています。

教わったことを右から左へ垂れ流さずに、
身体感覚の知として掴み、
『自分の言葉』で語れる人間を増やしたい。

こんな知性に迫っていきたいと思います。

手前味噌ですが、

・痛みを取る知恵
・身体感覚を高める知恵
・体温を上げる知恵
・体調が安定するコントロールの知恵
・相手の意図を汲み取る知恵
・会社や個人の売上を上げる知恵
・YouTubeチャンネル登録者を増やす知恵
・様々なビジネスモデルを立ち上げる知恵

など、お伝えできることが増えました。

単なる情報や知識でなく、

自らが体験して得られた『知恵』なので、
僕自身が価値を高く感じているものです。

知恵の体得は、自らの心を満たします。

20数年かけた知恵を、
余すことなく伝える芯伝整体師養成講座。

自らの身体での『体得』を目指します。

追伸2)

山崎が直接指導する講座は、
芯伝整体師養成講座のみとなっていますが、
ようやく5期の準備をスタートしました。

講座は、2021年1月からのスタート。

一般募集は、【10月初旬】となります。

内容は、

・痛みをやわらげる芯伝整体
・身体の使い方
・健康の本質
・永続する経営体質やマインド
・顧客(人)との関わり方

などをお伝えする講座です。

興味をお持ちの方は、
未来を変える準備をしてくださいね。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました!

山崎

============================

感動を呼ぶ「芯伝整体」の秘密

→ https://washinjyuku.com/shindenlp/

============================


身体の使い方の理