和身塾

“常連”にできるか”一度きり”かの分かれ道はココ

整体院経営


こんばんは、山崎です。

カラダが痛い人は、
どこかの病院や治療院へと足を運びます。

ということは、、、

どのみち、初回は
どこかへ足を運ぶということです。

そのため、
大切なのは、来院された後。
~~~~~~~~~~~~~

一度限りの来院で終わるのか、
リピート、常連へと繋がってくれるのか。

ココが分かれ道となります。

わしん整体院で導入しようと思うことは、
来院後のアプローチです。

たとえば、、、

月400万円を売り上げる、
一人整体院を経営される辻剛広先生は、
初めて来院された方に、
手書きの手紙を送っているとのことです。

フォローDMですね。

サンキューDMとも呼ぶそうで、
来院された方にDMを送るというもの。

来院された後、
二度目の予約を取った方は、
キャンセル率が高いです。

なので、

来院後、予約済みの方も、
次回の予約を取られなかった方にも、
フォローDMは有効だと思います。

フォローの手段は、

・DM
・メール
・LINE

を使って、積極的にコンタクトを取ると、
リピート率が高くなるでしょう。

コンタクトを取れる準備として、

・カルテにメールアドレス記入欄を設ける
・LINEのIDを聞き出す

などの準備はしておきたいところ。

そもそも、営業とは、

・自分に興味を持ってもらうこと
・自分を好きになってもらうこと

が必要です。

一時間ほど会っただけの治療家に対して、
すぐ好きにはなることはありません。

ですから、

何度もコンタクトを取って、
自分の中身を知ってもらうことが大切です。

その手段がDMやLINE。

こうした手段を使って、
会わない人とも
繋がることはできています。

忙しい治療家は、
一人ひとりに時間が掛けられませんから、
まだ売れていない人は、
この機会をチャンスに変えることが可能です。

「僕はあなたを必ず元気にしてみせます」

というメッセージを、
営業トークではなく、伝えたいところです。

整体院に来院される方に
提供できるのは2つの価値があります。

それは、

1)機能的価値
2)情緒的価値

です。

整体院に置き換えると、

・機能的価値:施術やエクササイズ指導
・情緒的価値:好きだ、面白い、楽しい

となります。

施術で機能的価値を提供し、
アフターフォローで
情緒的価値を提供する。

こうして2つの価値を高めることで、
ブランドとして認識してもらえるわけです。

わしん整体院は、
一度、来院された方への営業が弱いです。

ですので、
アフターフォローを重視して、
患者さんとの距離を近付けていきます。

参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました! 

山崎

https://washinjyuku.com/shindenlp/

============================
感動を呼ぶ「芯伝整体」の秘密
→ https://washinjyuku.com/shindenlp/

『身体の使い方の秘伝』など、
期間限定で2大特典を無料プレゼント中!
============================


身体の使い方の理