和身塾

患者に”試されない”治療家になる方法

整体院経営


こんばんは、山崎です。


先月の売上は、
126万円でした。


一人整体院として、
何とか最低限の売上は達成できています。


患者さんが、引き続き、

・コース
・回数券

などを購入されたので、
何とか100万円/月を
超えることはできます。


しかし、改善点も多いです。


新規は、月10人足を運ばれましたが、
回数券が1人、都度継続が1人という結果。


広告費を掛けた分は回収できましたが、
費用対効果が悪すぎます。


新規からリピートに繋げる。
~~~~~~~~~~~~

という基本が出来ていない状況ですから、
このテコ入れをしないと、
新しい患者さんが続かない店となります。


院長と話したのは、

「患者さんにテストされていないか?」

ということ。


患者さんは、

・大事な身体をこの人に預けても大丈夫?
・大事なお金をこの人に預けても大丈夫?

と思っているため、
施術を受けながら院長をテストしています。


この関係だと、患者さんが上になります。


院長が患者さんを追いかける。


という構造にならず、
追いかけてもらわないと上手くいきません。


目指す人間関係は、

~~~~~~~~~~~~~~

患者さんが院長を追いかける。

~~~~~~~~~~~~~~

というもの。


人間関係が下手な人は、
自ら進んで患者さんにヘコヘコしています。


・偉そうでもなくフラットに関わる


には、テストされる人間になるのではなく、
自分がテストする必要があります。


そうなると、

患者さんの尻を追い掛けなくても、
患者さんの意志で関わってくれるわけです。


例えば、施術料を0円にするとします。

※ 思考実験です。


0円で施術をするとなると、

労働のやり過ぎでしんどくなるから、
「本気じゃない人は来ないで」と思うはず。


こんな状況になると、

・お金をくれたら誰が患者さんでも良い

とはならず、
関わりたい患者さんとだけ関わるはずです。


つまり、

「患者さんから、お金はいらない」

と思うことができると、
患者さんに媚びることがなくなります。


院長が患者さんに対して、

・変わる気があるか、否か?

という視点でテストができ、
不利な状況から抜け出せるということです。


治療の信念を貫き、
思い遣りを持って患者さんと関わるには、
お金が欲しいという気持ちを
後回しにすることが大切だということです。


・本気で身体を変えたい患者さんか?


という視点で関わることをお勧めします。


参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。


山崎

https://washinjyuku.com/shindenlp/

============================
感動を呼ぶ「芯伝整体」の秘密
→ https://washinjyuku.com/shindenlp/

『身体の使い方の秘伝』など、
期間限定で2大特典を無料プレゼント中!
============================

 


身体の使い方の理