和身塾

感情をコントロールする技術

身体調整


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆芯伝整体師養成講座4期

1年に1度募集のレアな講座は、
【10月下旬】頃に募集スタートの予定。

※ 山崎が講師を務める唯一の講座です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんばんは、山崎です。

昨日は、プロゴルファーの
カンナさんとの月1セッションでした。

テーマは、軸の作り方。

手足の力感が強くて重たかったので、
力感をなくそうと思うと、
【軸の作り方ワーク】が思い浮かびました。

解剖学における方向は、

1)上下
2)左右
3)前後

があります。

カラダの使い方は、
【面】や【軸】とリンクさせることが大切。

・面や軸は、見えないモノ

ですが、存在するものです。

見えないモノを感じる力が備わっていると、
合理的な力の発揮が可能となります。

この面や軸からズレた身体の使い方には、
力感が生まれます。

筋力で物事を解決しようとするわけです。

潜在的な力の発揮には、
ココロの力だけなく、物理空間も大切。

カラダとは、肉体だけを指しません。

体現したことがないと、
何を言ってるのかワケワカメだと思います。

でも、大事だからお伝えしています。

知らないと、訓練しないと、
一生、潜在能力は眠ったままになるので、
4期の芯伝整体では、
面や軸のワークも紹介しようと画策中です。

ご期待ください。

———————————-
【神業動画】指一本で人が動く⁉︎
→ https://youtu.be/En_zlGh1ibk
※ 山崎のYouTube動画です。
———————————-

====================
感情をコントロールする技術
====================

昨日は、美食家たちと食事会。

参加者は医師、著者らが多く、
【批判コメント】の話題になりました。

著書レビューや、雑誌のコラム、
他にも批判コメントは日常茶飯事だそう。

普通の感覚だと、

「この人の主張には同意しないな」
「Aの主張よりBの主張の方が良いだろ」
「偉そうに話しているなぁ」

と思っても、大抵はそれで終わります。

例えば、

・パートナーとの愛を実感している時
・美味しいものを食べている時
・友人たちと楽しい旅行をしている時

などは、批判する方向に向かいません。

自分は幸せだから、

「他の人にも、幸せになって欲しい」

という気持ちが芽生え、
やさしい気持ちが充満してくるわけです。

でも、

自分が満たされない時、カラダが痛い時、
アイデンティティ喪失時など、
人が変わったかのような人格になります。

他者批判・自己弁護・被害者意識です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ネガティヴな状況に陥ると、
人は他人に対して怒りをぶつけるもの。

僕にもこうした感情は存在していました。

変化のキッカケは、
自分よりも恐れない人に遭遇した時です。

彼らには、所有欲がない。

プライドが高くない人、
自分の心を常に平安にしている人に触れ、

「プライドがある自分はカッコ悪い」

と思えたので、
本当にカッコ良い人間になると決めました。

カラダに痛みがあっても、
肉体すら『自分のモノ』と思わない境地。

僕もそんな人になりたかった。

人が恐れを抱くのは、

1)知識、スキル、テクニック
2)お金
3)顧客、好きな人、友人
4)資格、仕事、地位、名誉

などのプライドを失う時だと思います。

失うことが怖いから、
守ろうとして怒りの感情が芽生えます。

人は喪失感を味わいたくないもの。

僕も喪失感を味わいたくないため、
自分のプライドを守る言動をしていました。

僕の経験としては、

1)知識、スキル、テクニック

これで他人に負けること、
後輩や同僚、先輩に盗まれることが怖くて、
アイデンティティを守っていました。

2)お金

なけなしのお金を失うことが怖くて、
支払うことを躊躇い、
『安物買いの銭失い』になっていました。

3)顧客、好きな人、友人

などを失うことが怖くて、
威嚇、説得など、自分を守っていました。

4)資格、仕事、地位、名誉

たいした資格もないのに、
資格や過去の栄光にしがみついていました。

仕事が失われないように守っていました。

例えば、

誰かがコミュニティを抜けると言った時、
優秀なその人に対して、

「失いたくない」

と思っても、
他人をコントロールすることはできません。

変えるべきなのは、自分の心境です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【感情をコントロールする技術】とは、

・捨てる勇気を持つこと
・失うことを恐れないこと
・所有欲をなくすこと

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

であり、一言で言うと、
「プライドを捨てる」ことだと思います。

感情コントロールできない時、
人はチンパンジー並の知能になるそうです。

そこを打破するには、

・失うことを恐れない勇気
・人生をより良くする前進する勇気

が必要なのでしょう。

僕も自分を守らず、
大事なモノを与えることが喜びにできる
人間になりたいと思います。

って、ここで誓うのも可笑しいか。

追伸1)

今月中旬には、商業出版の打ち合わせ。

※ 予定では、10月1日発売だったんですけど、
後ろにズレています。

こちらは少しずつ、
焦らずに良い作品に仕上がったらいいなぁ。

追伸2)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆芯伝整体師養成講座4期

1年に1度募集のレアな講座は、
【10月下旬】頃に募集スタートの予定。

※ 詳しい日程はただいま調整中です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

山崎が講師となる唯一の講座。

人生が変わる講座なので、
10月下旬をお待ちいただけたらと思います。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました!

山崎

 


身体の使い方の理