和身塾

日本人が大事にした身体文化、【ポストコロナ】6月のサロン経営戦略 

整体院経営


山崎です。

発芽発酵玄米がたったの6時間で完成する
という炊飯器を予約して、
わしん整体院には5月下旬に届く予定です。

毎日、コレが食べられる。

と思うと、めちゃ楽しみで、
免疫力がアップするイメージが湧きます。

免疫力、還元力

コレをテーマに数ヶ月取り組みましたが、
美肌体重減筋肉の柔らかさ体調など、
面白いほどカラダが変わっています。

今日もこれから漢方風呂に行ってきます。

運動、整体、メンタル以外でも、
めちゃカラダが変わることが新鮮で面白い。

湯治、栄養、デトックス

取り組んでいなかったことをやり始めて、
世界が拡がっている感じがします。

さて、

5/1より募集を開始した【和身塾サロン】も、
30名ほどが参加されました。

引き続き募集しています。

サロン内でも面白いことをする予定なので、
メンバーになってもらえたらと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆和身塾サロン概要はこちら
→ https://washinjyuku.jp/l/c/aML9Gkmq/blrgPJJT

※ 567月の【3ヶ月間】のみ。
※ 価格は1万円(税抜)です。
※ 最初の1ヶ月は『お試し期間』となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

=======================
日本人が大事にしてきた身体文化
=======================

僕が学んだ武道は、
人と人(対人関係)の稽古が主でした。

「武道では、人間関係を学んだ」

と言っても過言ではないほど、
対人稽古がどれほど重要かを学びました。

当時の僕はパーソナルトレーナー。

トレーニングというと、
一人でやるものだと思っていました。

一人稽古は大事。

それでも、
対人関係に強くなるには、一人稽古では
補えない領域があることも知りました。

稽古では、

「自分の思ったように相手を動かす」

と試みたとしても、
相手に対して技は掛からないものです。

日常でも、

・親による子どものコントロール
・上司による部下のコントロール
・男による女のコントロール
・法や契約によるコントロール
・国や自治体による国民コントロール

など、権力を使って、
他者の支配(コントロール)を試みます。

すると、

コントロールされる側は、
相手に対して嫌な思いや恨みを抱きます。

筋力で相手を(無理やり)動かす

という結果が出たとしても、
相手の内面は嫌な気持ちが浮かぶものです。

童話では、
『北風と太陽』の物語が有名ですが、

多くの人間関係は、北風。

になっていますが、
武道の達人は『太陽』で相手を制します。

これは、「往なす」という技の真髄。

僕は小学6年生まで、
2日に1回は殴り合いの喧嘩をしました。

暴力や筋力に頼って生きていました。

ある時、ふと、

「本当の友だちは誰もいないかも?」
「暴力が怖いから俺と遊んでくれるのか?」

という恐怖がよぎって、
夜が眠れなくなる出来事があってから、
一切、喧嘩をしなくなりました。

こんな過去もあったので、

「他人をコントロールしたい自分」

が、出現しないかと、
気を遣って(内観して)いるつもりです。

自分を内観し続けると、
他者の意思を感じられるようになります。

「あいつ、コントロールしとるな」
「不安や恐怖、警戒心が強いな」
「自分の主張を押し通したいんやな」

など、相手の意思が汲み取れるわけです。

世の中には、凄い女性がいます。

彼女たちは、
部長にもタメ口で接することができます。

オジさんを手のひらで転がします。

これは、

・相手の意思を汲み取って懐に飛び込む

という高度な技であり、
頭の硬い男性に足りない能力でもあります。

古武術や合気道で、
技の鍛錬以上に大切にされている奥義は、

・相手の意思を事前に写し取る

というものであり、
これが日本人の『伝統的な知恵』です。

力の絶対否定。

をするからこそ、
本質(相手の意思の察知)を体現できる。

ということです。

コロナで更に世の中は混乱します。

自分本位になる人、
自分の都合を相手にも押し付ける人、
権力を振りかざす人、
コントロール男や女が続出します。

だからこそ、
僕たちが大事にしたい日本人の精神である

ノブレス・オブリージュ
~~~~~~~~~~~~~~~~~
(高貴な人間の義務)

という武士道精神です。

武士は食わねど高楊枝

こんな精神を持つ日本は、
きっと『心の豊かさ』を取り戻すはずです。

身体の稽古を通じて、
武士道精神を取り戻したいと思います。

力で相手を制したくなる自分の抑制。

主張を相手に押し付けず、
「勝った」と喜ぶ幼稚な精神からの昇華。

相手の意思を汲み取り、
共存共栄できる社会作りを目指します。

===========================
【ポストコロナ】6月のサロン経営戦略
===========================

緊急事態宣言の延長が、
『5月末』までに決まったようですね。

情報がリークされていたので、
既に準備をされていた方も多いと思います。

期限が決まると、準備ができます。

6月までに『集客の準備』を徹底する人と、
6月に入ってから準備する人で、
大きな格差が生まれそうな気がしています。

前者であるためにも、GWは勝負です。

以下の2点について、
考慮されると良いのではないかと思います。

1)回数券販売
2)新商品リリース

の2点。

手持ちのキャッシュ(現金)が少ない人は、
回数券販売に力を入れたいところ。

回数券販売は、
手持ちのキャッシュが少ない状況で有効。

ただ、回数券販売は『対症療法』です。

ですから本質的には、
「欲しくなる新商品」の開発の方が重要。

次に、情報発信です。

1)既存客や休眠客向けの情報発信
2)見込客向けの情報発信

の両方が大事ですが、
短期で成果が出やすいのは既存客や休眠客

メールアドレス、
LINEアカウントなどの顧客リストに対して、
顧客の人生がより良くなるための
情報を発信して関係を深めることが大切。

既存客を大切にできるか否か

が、店舗ビジネスのキモで、
ココを徹底できたら上手くいくでしょう。

メールアドレス取得はできていない。

という人も、
HPやSNS、地域誌を使って情報を発信し、
ユニークな『イベント』を
6月よりスタートさせることを伝えます。

予告をして、少しずつ価値提供します。

期待を膨らませてから、
ドーンと募集すると集まりやすくなります。

みんなで、コロナ危機を乗り越えましょう。

追伸)

【太ももの前の緊張】

これが、
楽な姿勢を作るために極めて重要である。

という強い実感がある今日この頃。

太ももの前の緊張が強いと、
股関節や仙腸関節、腰仙部、背骨全体まで、
余計な緊張が入ってしまいます。

この緊張がなくなるだけで全身が楽です。

シャドーピッチングでも、
何か腕のカクカク感が拭えなかったけど、
太ももの前の緊張をやめると、
腕がスムーズに思い通りに動けるんです。

これが、超心地よい。

股関節の伸展が早いと、
腕が早く出てきてしまっていたんですけど、
この問題が解消されました。

今はタメを作った上で腕が振れますね。

では実際に、

・どの方法で太ももの前の緊張をなくすか?

この実践についても、
【和身塾サロン】で公開したいと思います。

=============================

◆和身塾サロン概要はこちら
→ https://washinjyuku.jp/l/c/aML9Gkmq/blrgPJJT

※ 567月の【3ヶ月間】のみ。
※ 価格は1万円(税抜)です。
※ 最初の1ヶ月は『お試し期間』となります。

=============================

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました!

山崎

 

============================

感動を呼ぶ「芯伝整体」の秘密

→ https://washinjyuku.com/shindenlp/

============================

 


身体の使い方の理