和身塾

肉体に触れるとは『心』に触れること

未分類


山崎です。

YouTube動画をアップしました。

—————————————-
◆心と体の【ココカラ】ラボ

・薬に頼らない生き方
→ https://youtu.be/VJ1Fg2YniwU

・インフルエンザ未経験のさんま
→ https://youtu.be/rzL4n362pIE
—————————————-
◆和身塾チャンネル

・ストレッチ・マッサージの怖い話
→ https://youtu.be/dEn6EQWHLd8
—————————————-

YouTubeの番組は、
今後、一新して本格的に力を入れる予定。

自分たちがワクワクする。

そんな企画を練らないと、
これからの時代は到達されるんじゃないか。

と思います。

【芯伝整体】東京講座の様子
 

先日は、芯伝整体の東京講座。

男女比は、5:5ぐらい。

今回の東京講座は、男性のレベルが高くて、
自己成長に貪欲な人が多い。

リアルの講座だけでなく、
オンライン講座もスタートしています。

2月はやることが盛り沢山。

・整体スキル、身体の使い方の実践
・ビジネス全体像の座学
・痛みの生理学の座学
・健康習慣の実践(心身の進化)
・グループコンサルティング
・月報の提出

専門領域だけでなく、
肉体・精神・人間関係・経済面での進化。

みんなで成長していけたらと思います。

=========================
肉体に触れるとは『心』に触れること
=========================

さて先日、

「肩が痛い、重だるい」
「腰が痛い」

という人に会いました。

腕がガチガチで、
触っても腕が無意識に外側に張ります。

本来、重力に任せると腕は内側にきます。

しかし、

いくら『外側』の緊張を指で指摘をしても、
本人の無意識は気付きません。

こうなると肉体の緊張が、
痛みを引き起こしている確率は低いです。

精神の緊張が痛みを引き起こす

という確率が高く、
いわゆる整体だけでは改善されないタイプ。

推察をすると、

・他者に甘える
・他者を信じる
・他者の好意を受け入れる

という人間関係が下手なタイプ。

接してみると、

・思っていることを口にしない
・頑張りすぎる
・大胆だけど、周りを気にする
・一応、世間的な評価は高い
・でも、本当は取り繕っている

という『神経症』タイプでした。

肉体的な整体で、どうにもなりません。

必要なのは『安心』で、
~~~~~~~~~~~~~~~~
精神の「コリ」を解きほぐすことがキモ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

時間は掛かりますが、
ココを無視すると単なる対症療法なので、
根本介入が必要となります。

芯伝整体では、

・整体+マインドフルネス(内観・気付き)

の処方を行います。

肉体に触れることで、
自身の『精神の緊張』に気付いてもらう。

ココがスタートです。

次に、自身でカラダに触れ、
自身で精神の緊張に気付いてもらう手順。

これが本当の『セルフケア』です。

肉体いじりのレベルとは異なります。

派手さはないけど、
精神に触れるのが本当のセルフケアです。

・自己による気付き

へと導ける人が、
僕たちが目指す『プロ整体師』なんです。

プロ整体師へのステップは、

1)整体師本人の気付き
2)整体によって顧客に気付かせる
3)本人が自身の緊張に気付ける

というステップ。

まず、自分を知ること。

自分の『違和感』に多く気付けた人は、
他者の違和感に気付きます。

そして、

他者を受け入れることができます。

↑↑↑

ココ重要

他者の違和感を受け入れられない人は、
自分の違和感に気付いていない。

ということ。

自分なんて違和感だらけです。

違和感だらけの自分でも、
有難いことに周りの人は関わってくれます。

結論までは言いませんが、
何らかの『気付き』になれば嬉しいです。

===========================
価格が高いのは、良いこと?悪いこと?
===========================

価格が高いのは、

良いこと?
悪いこと?

ビジネスを行う上で、
『価格』は重要な要素の一つとなります。

価格が高いと、顧客は不幸でしょうか?

物価が下降するのがデフレで、
物価が上昇するとがインフレという現象。

日本はデフレ脱却ができていません。

日本は先進国。

そのポジションが脅かされているのは、
デフレ脱却ができていないことも、
要因として大きいのだと思っています。

長年デフレが続くと、
相対的に日本は『安く』なってきます。

諸事情はあるにせよ、
『ビッグマック指数』は参考になります。

・ビッグマック指数ランキング
→ https://ecodb.net/ranking/bigmac_index.html

物価が安いということは、
外国が日本に足を運びやすいということ。

日本は世界に足を運びにくくなります。

バブル期はインフレで、
お金よりもモノの価値が高かった時代。

何でも買えた時代です。

デフレになると、
モノより『お金の価値』が高くなるので、
日本国内では流通が滞ります。

「日本の良いものを外国人が買う」

ということであり、
日本のアイデンティティが失われます。

日本の医療制度は、
最低限の医療を国民全員に提供します。

ボランタリー精神の強い制度です。

国家資格を有する人は、
ボランタリー精神が土台となった制度に
乗っかった仕事で、
その対価として給料をもらっています。

それは、尊いこと。

しかし、

この制度に乗っかっると、
さほど、給料が上がることはありません。

日本の医療制度は、
実質『崩壊』しているからです。

もう、

支えられないほど、国は、
制度(システム)に依存しました。

ココから脱却するには、
価格に対する『意識』を変えることです。

高いお金が悪い。

という意識があると、
『ボランタリー精神』が強くなりすぎて、
事業主が崩壊してしまいます。

先日、

ホリエモン万博にて、
『ホリエモン1日密着権』が500万円
販売されたことが話題になりました。

応募が殺到したと思います。

鴨谷さんではなく、
『YouTube講演家の鴨頭さん』が購入され、
鴨頭さんは更に知名度を伸ばしました。

500万円は安かったでしょう。

整骨院や接骨院の経営は、
今まで国のシステムに頼った経営でした。

しかし、

国のシステムが崩壊した現代は、
その『しわ寄せ』が経営者にきています。

システムからの脱却が必要です。

上記の

・ホリエモン1日密着権500万円

のように、
その価格を有難いと感じて買う人がいます。

と言うと、

「ホリエモンだからできること」

と思うかもしれませんが、
工夫次第で『価値』は生み出せるんです。

その辺りを考えていけば、
罪悪感のないビジネスができるでしょう。

面白い価値を生み出したいですね。

追伸)

やさしく触れる「手あて」を、
これからの『仕事』にしたい人、必見。

もりもり渾身の無料プログラムです。

 

========================

やさしく触れる「手あて」の仕事で、
愛されて、やりがいを持ちながら
自由な働き方を実現する

7年続けて“予約満席”の経験から生まれた

【魔法の触り方シルクタッチ】
無料動画プログラム
→ https://washinjyuku.jp/l/c/LjH4RClI/blrgPJJT

【明後日まで】動画をご覧いただけます。

========================

この触り方で、

・自分が元気で美しく、若々しくなって、
・その知恵が周りの人たちに喜ばれ、
・やがて自宅サロンで仕事にもできる

そんな未来を目指す方、
本来の『役割』を見つけたい方にオススメ。

◆魔法の触り方『シルクタッチ』
無料動画プログラム
→ https://washinjyuku.jp/l/c/LjH4RClI/blrgPJJT

※ 無料プログラムをご覧ください。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました!

山崎


身体の使い方の理