和身塾

間違いだらけの腰痛治療、眠れる身体よ目を覚ませ、身体モニタリングという芯察

未分類


山崎です。

先に連絡事項から。

=============================
◆和身塾サロン概要はこちら
→ https://washinjyuku.jp/l/c/aML9Gkmq/blrgPJJT

※ 【本日】で募集が完全終了となります。
=============================

メンタリストDaiGoさんが、
『慢性腰痛』について語っておられました。

DaiGoさんは、論文を読み、
腰痛はほとんどが原因不明で、治療の多くも
当てずっぽうだと述べており、
的を射た対処法について語られていました。

現代医学より、よほどマシな意見でしたね。

慢性腰痛の原因は、組織の酸欠です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なので、
そういうアプローチをすれば痛みません。

「80%の腰痛が原因不明」

だと言われますが、
それは見ている方向が違うだけのこと。

痛みは本来、軽減・消失するものです。

『痛みの仕組み』を詳しく知りたい人は、
加茂整形外科医院HPを参考に。
→ http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/

僕の最初の成功体験は、腰痛改善

10年あった腰痛は、病院で働いている時に
ヘルニアだと診断されました。

そして、30年連れ添った片頭痛

ずっと、隣に痛みがいましたが、
もう、隣に居た痛みはいなくなっています。

痛みは取れるものですね。

次は、こちら。

→ https://youtu.be/z9WDKhYT7iE

武術研究家の甲野氏です。

ユニークな発想で、
芸能関係やスポーツ選手らにも評価され、
武術や武道の身体文化を
世に広めた功績がある有名な武術家です。

動画では、

科学的な視点から甲野氏の身体を分析

しますが、
スポーツの世界の身体の使い方とは別格

だと、研究者が驚愕されました。

また、

オリンピック金メダリスト、
総合格闘技でもトップの吉田秀彦選手
甲野氏が対峙され、
吉田選手は甲野氏の技に驚いていました。

日本人の身体の使い方は、別物

まだ、科学では分析できないようなことを
体現しているのが達人たちです。

◆平蜘蛛返しのような返し技
→ https://youtu.be/WtBgX5snHPU

※ 甲野氏の平蜘蛛返しと原理は違いますが、
同じような現象が起こっています。

先に、分析ではなく実践

つまり、

『頭』を先に働かせずに、
『感性』を先に働かせるのが日本人の身体。

ここにプロの『価値』があります。

アナログ的な価値です。

東京などの大都市が発展しても、
田舎には田舎の『良さ』があるものです。

人間の身体はマシンではありません。

幾ら『AI』が発達しても、
プロの仕事は失われないものだということ。

うちの芯伝整体は、
骨や筋肉、皮膚や筋膜のレベルではなく、
『身体全体』に働きかける整体です。

心、脳、全身との対話です。

6月からはリアルな講座が復活するので、
アナログ価値の有り難みを、
講座生の方と共有したいと思っています。

◆和身塾サロン概要はこちら
→ https://washinjyuku.jp/l/c/aML9Gkmq/blrgPJJT

【本日】で募集が完全終了となります。

====================
身体モニタリングという芯察
====================

血糖値モニタリングを継続しています。

こうしたデータは、
自分の『身体を知ることに有効です。

ただ、血液検査では、
安静、空腹時にのみ検査するのが一般的。

食後、検査することは稀だと思います。

つまり、

僕たちは、データを元にすると、
自分の身体の一部しか知らないままです。

ほとんど、知る機会がありません。

1年に1度の健康診断や、
人間ドックで検査する人もいるでしょうが、
僕は四六時中、身体モニタリングをします。

例えば、

『内観』という手法を使って、

ストレス度モニタリング
自律神経信号モニタリング
姿勢モニタリング
感情モニタリング
随意筋の無意識反射モニタリング

などをします。

その他、

爪、髪、皮膚、舌、尿、糞便、唾など、
見て分かるものもありますし、
鏡を見てチェックする方法もあります。

テクノロジーが発展し、
身体データを計測できるようになりますが、
それらのデータは重要でも、
一部の切り取ったデータでしかないもの。

だと認識しておくべきでしょう。

テクノロジーが関与できる領域は、

何十年後も、
日本人の感性には到底及ばないはず。

僕たちは、

感性:五感、第六感
理性:テクノロジー(データ)

この合わせ技で自分の身体を知るべき。

しかし、

テクノロジーが発展し、
世の中が便利になると、

・人間の『感性』は鈍る

ことになるので、
失われたものを回復する文化も育てたい。

見えるものを『陽』だとすると、
見えないものが『陰』となります。

この場合、

データが陽、感性が陰で、
陰陽一体であることが望ましいと思います。

西洋の陽、東洋(日本)の陰

となると、
個人の仕事として機能するのは陰の分野。

まだまだ発展の余地が残っています。

追伸)

◆今年の主な目標

・TikTok:2万フォロワー(現在1.5万)
・YouTube:登録者数1万人(現在5865人)
・販売代理店:利益100万円

※ TikTok、YouTubeは、
『8月末』までに目標人数を達成したい。

※ 販売代理店は、今年中の目標

以前、目標としていたのは、
生徒5人が自立(会社化)するでした。

ゼロから法人化した個人事業主は3人

コロナの影響もあるけど、
取り敢えずの目標として会社化できる人を
増やしたいという想いは変わらず。

追伸)

みなさんの主な目標は何ですか?

各々が自発的に目標を発信されたら、
刺激しあえる仲間に近づけると思いました。

※ 目標の数値化の参考になればと思って、
今年、重点に置く数値目標を公開しました。

補足)

法人化できた人の次の目標は『永続』です。

売上高の数字に拘らず、
永続的に『黒字化』することが当面の目標。

企業の存続、税金の支払い、
それが企業としての『使命』だと思います。

事業によって社会貢献することはもちろん、
所得税や住民税に加えて、
法人税の支払いも社会貢献に繋がります。

それだけでも立派。

節税対策も必要でしょうが、
社会的責任を果たす喜びを知ってほしい。

僕はサラリーマンの頃から、
法人化したら「人件費」を多く払いたい。

という欲求がありました。

法人になると『役員報酬』として、
自身の報酬を確保し、企業を黒字化させて、
売上の中から多くの「人件費」を支払う。

それが、多くの人の幸せに繋がる

という想いがあったので、
気概のある人に支払うことは喜びでした。

個人だけで稼ぐのは、難しい時代です。

勉強して自分を成長させ、
市場が求める商品を提供し付加価値を生む。

付加価値を生むことが
GDP増加に繋がりましたが、
コロナショックで、
生産性の向上は難しくなりました。

だから、

ビジネスセンスに長けた人間が利益を生み、
人件費を多く使うことで、
彼らの『余裕』を生み出すサポートをする。

という短期目標もありかと思っています。

もっと先の目標は彼らの『自立』で、
次は彼らが多くの人を救う立場になること。

そして、循環の『文化』を創造したい。

=============================
◆和身塾サロン概要はこちら
→ https://washinjyuku.jp/l/c/aML9Gkmq/blrgPJJT

※ 【本日】で募集が完全終了となります。
=============================

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました!

山崎

 


身体の使い方の理