和身塾

クリニックの検査結果が返ってきました

未分類


山崎です。

昨年末、クリニックの検査結果が返ってきました

金沢の浦田クリニックで検査を受けましたが、
ようやく結果が返ってきました。

検査項目は、

1)栄養検査
2)有機酸検査
3)ビタミンD検査

で、1)2)は2ヶ月ほど結果を待ちました。

ビタミンC点滴も10gほどやりました。

僕の検査結果は、

・ビタミンD不足
・ビタミンC不足
・脂質代謝異常

主な結果はコレでしたが、
ビタミンC不足以外は想定の範囲内でした。

花粉症、白髪が増えた。

最近はこんな現象が起こっていたので、
ある程度ビタミンC不足も想定できましたが、
ここまで不足しているとは思っておらず。

今はせっせと、

・糖質制限、ケトン体体質の獲得
・ビタミンD3摂取
・ビタミンC摂取(発注して到着はまだ)

に、励んでいます。

ただ、対症療法の域を超えないので、
根本療法も同時並行して取り組みたいところ。

質問なんですけど、

ビタミンCの含有量が多い『お茶』って、
ルイボスティーでしたっけ?

・ルイボスティーのビタミンC含有量が多い

という情報をどこかで見た気がしましたが、
情報源を無くしてしまいました。

情報を持っている人がいたら教えてください。

遺伝子検査も面白い。

・ユーグレナ
・MYCODE
・GeneLife

などの検査をして、
自分の遺伝子情報を眺めているところです。

『見やすさ』

という点では、
ユーグレナの解析結果が見やすいと感じます。

こうして、

・テクノロジー(バイオテクノロジー)

に頼りつつ、
『自分を知る』ことも大事だと思っています。

一方、

・内観

によって『自分を知る』ことで、
もっと、現在の自分の立ち位置が分かります。

どこに違和感があるのか。
どこに快感があるのか。
筋膜の方向はどちらに向いているか。
そのカラダの部位の位置は本来の位置か。

など。

24時間、無意識に内観をしています。

ここに、

・武道の受け
・芯伝整体の芯察

によって、
『他人を(客観的に)知る』ことも可能です。

他人と関わる時には、
どうしても自分の意志を挟んでしまいます。

主観で他人を『評価』しがちなのが人間。

なので、

・検査結果(医学、遺伝子)
・武道の受け
・芯察(推察を含む)

という複数の手法を使って、
相手の『心と体』の状態を鮮明に知りたい。

気の強さ、気遣い力。

という指標は、
相手に『触れて』もらったら一発で感じます。

この『気』も大事です。

講座でも、

「ふにゃふにゃやないか」
「何してんねん、もっと俺を感じろ」

と言いながら、ツッコミを入れています。

人間と人間が関わる時、
無意識のうちにエネルギー交換をしています。

1)エネルギーの低い人が高い人から奪う
2)高いエネルギー同士が交換する

という交換です。

ほとんどの関係が1)なので、
僕たち自身が高いエネルギーになるしかない。

母親のエネルギーが高い時は、
子どもにエネルギーを与える存在となります。

ですが、子どもが大人になると別。

無意識のうちに、
母親が子どもからエネルギーを奪っている。

というパターンが増えます。

サウナに行かないといけないので、
これ以上エネルギー理論の話はできませんが、
エネルギー理論を知ると、
普段から自分を高いエネルギーに保てます。

身軽になって、楽に移動ができます。

相手が攻撃した時に、
自分を『身軽』に動かすことができる人は、
エネルギーも高いんですね。

見えない(けど感じる)世界は奥が深い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、
今日はこの辺で終わりたいと思います。

追伸)

3/5(金)21時~ リアル音声LIVEやります。

clubhouseで、
@mm324324324 をフォローしてください。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

山崎


身体の使い方の理