和身塾

■ 唯一無二のセラピストになるために

芯伝整体, 身体原理


唯一無二のセラピストになるために

 

こんにちは、山崎です。

セラピストの身体の使い方一つで、
顧客の「身体全体」に及ぶ施術なのか、
「部分」にしか効かない施術なのか。

に分かれます。

・特定の「筋肉など」にしか効かない施術なのか。
・「脳」までリラクゼーションが浸透する施術なのか。

この違いの一つに、

テコの原理

という身体の使い方があります。

部分にしか効かない施術。

 

これだと「脳」に快感の信号が伝わらず、
機械のように部分を修正する施術となり、
具体的で「抽象度の低い施術」と呼びます。


身体の司令塔は「脳」です。

自律神経のスイッチは脳にあり、
内分泌系ホルモンのスイッチも脳にある。

脳は「快情動」であれば、
全身に快感の信号を送ることができるし、

ドーパミンやセロトニン、
βエンドルフィンやオキシトシンなど、
快ホルモンが放出されると、

全身に快感の刺激が伝達されます。

部分的な整体施術だと、
快感の刺激は部分で留まってしまうので、
脳へ快感の刺激を提供したいところ。


整体施術の極意:テコの原理

これは整体施術にとってのド基本。

ですが、

整体施術に取り組む人にとって、
身体原理の基本を学ぶ機会は少ないと思うので、
動画を参考にしてもらえたらと思います。


特に大切なのは「肘の使い方」です。

テコの原理を使うには、
上腕骨付近に停滞する肘の重みに気付き、
この箇所にストレスを掛けない
肘の使い方を習得する必要があります。

相手に力を伝えたいのに、
自分の肘に負担を掛ける身体の使い方だと、
自分を鍛えることになってしまいます。

ですので、

肘に重みを掛けないで、
肘の曲げ伸ばしができるように訓練して、
テコの原理を用いた肘の使い方を
マスターすることは整体施術の基本ですね。

 

身体原理は他にも、

———————————–

  • 遠心性
  • 相手に触れている箇所を動かさない
  • 身体の中心を保つ(感じる)
  • 相手から意識を離さない(気を抜かない)
  • 持ち上げない、踏ん張らない、握らない
  • 重力を感じて頭寒足熱の身体を保つ
  • 身体の重みを受け止める(積極的受動性)

———————————–

など、

意識するポイントは他にもありますが、
一つずつ課題をクリアすることによって、


身体原理を体現した整体施術

が可能となるので、
施術の効果を引き出したいセラピストは、
早めに身体原理に取り組んでくださいね。

普通のセラピストはここまでやりません。
永遠に自分なりの施術で満足するので、
僕たちが数年間、真剣に取り組んだだけで、


「顧客にとって唯一無二のセラピスト」

になることができ、
他には足を運べなくなってしまうのです。

 

身体原理をマスターしたい人は、
まずはこちらのオンラインプログラムからどうぞ

https://washinjyuku.com/lp-kotowari/

 
 
 

身体の使い方の理