和身塾

■ 精神を診る【芯伝整体】

芯伝整体


門外不出の整体技術
芯伝整体実技オンラインプログラム
絶賛販売中!!

↓ ↓ ↓

 

精神を診る【芯伝整体】

こんにちは、山崎です。

昨日は『たな部』という
起業家の勉強会&懇親会に参加しました。

9割が自動で、数千万円の収入。
がある人のお話や、

主催者の田中祐一さんから直接アドバイス
という有難い特典つきも。

ほんと有難いなぁ。

その後は、夜な夜な、
マスターマインドの全体ミーティング。

「全員のベクトルを一致させたい」

ため、みんなで話し込んでいたら、
3時間も未来について語っていました。

こういう時間も凄く大事。

今日は心と体の関係について、
深めたい人に見てもらいたい記事です。

それでは早速参りましょう。

 

身体の使い方とは、気遣いである

・多人数掛け

 

この稽古の解説です。

対人関係に於いて自分勝手な振る舞いは、
相手の「抵抗」に合います。

関わる人と「同調」し、一体化すれば、
関わる人は自分と「同化」するので、
自分の身体を動かすように、
相手を「誘導」することができます。

身体操作とは、
自分勝手な振る舞いを指すのではなく、
まず、相手との同調が先にあります。

関わる人への気遣い

が大切です。

和身塾マスターマインドでは、
「身体の使い方」の稽古を通じて、

関わる人への気遣いも学んでいます。

 

手のひら感覚から全身感覚体へ

セラピストとして、
身体に触れる接点は「手のひら」が多い。

ですので、
手のひら感覚が強くなり、
手のひらで身体の情報をキャッチします。

手という末端からインプットした感覚は、
神経を通って脳へと伝わります。

これが、体性感覚の感覚(知覚)神経。

しかし、

顧客の身体は全身が発信器であるため、
手のひらという接点以外にも、
情報をキャッチできる箇所はあります。

・体性感覚(手のひら以外)
・視覚(目で見る)
・嗅覚(その人が発する匂い)
・聴覚(その人が発する音)

など、五感と呼ばれる感覚器。

さすかに味覚は無理です。

まず、手のひら以外からの
情報をキャッチする訓練が必要ですね。

肉体から精神を診る

感覚器から情報は得られますが、
肉体を作る『精神の情報』を得るには、

・洞察力
・観察力
・傾聴力
・俯瞰力
・客観性

なども必要です。

見た目、表面だけではなく、
広く、深く、長い目で現象を捉えます。

この精神の働きをなくして、
肉体を見ても根本要因には到達しません。

表面的には、取り繕いが入ります。

目の前の人(顧客)に、
誤魔化された状態で接しているのです。

「本当のその人」

ではなく、取り繕ったその人なので、
本当のその人は見えていないわけです。

そこで、
・洞察力
・観察力
・傾聴力
・俯瞰力
・客観性

などを働かせ、表面だけではなく、
広く、深く、長い目で現象を捉えます。

僕も一度じゃ捉えられません。
おそらく一生、捉えられない。

でも、その人の本当に近付いた瞬間は、
お互い心が通い合った喜びがあります。

心が通い合うと、
肉体はみるみるうちに「ゆるむ」のです。

心が通い合うだけで?

と思いますが、心が通い合った瞬間、
身体が一気にゆるむ経験をしてしまうと、

肉体アプローチがアホらしくなります。

肉体操作ではなく、精神の同調。

僕は整体の本質がココにあり、
僕たちが目指す『健康体』はココにある。

と確信しています。

芯伝整体を探求していけば、
今まで見えなかった世界が現れてきます。

一緒に探求してもらえたら嬉しいです。

 

顧客と本当に心が通い合う
唯一無二の整体

芯伝整体実技オンラインプログラム

今すぐチェック!!

↓ ↓ ↓


身体の使い方の理