和身塾

戦況を見極めた治療家が地域を制する

整体院経営


こんばんは、山崎です。


先日、某SNSの講座に参加しました。


いち早く市場を取ろうと、
素早く動いている人たちが大勢います。


整体院経営も、今までの延長線上でなく、
新たな手立てを打たないと、
ライバルに先を越されてしまいますから、
先手を打たなければ生き残れない。

そんな危機感を抱いて経営をしています。


まずは、状況の把握がスタートです。


自分を取り巻く状況を、
幅広く見極めることで活路が見出せます。


状況とは、

・自分の状況
・他者の状況
・社会の状況

を指します。


自分の状況とは、

知識やスキル、治療院の空間、営業時間、
性格、やり甲斐、HPの有無など。


他者の状況とは、

整体院や治療院へ通う頻度、通う場所、
何に惹かれたのか、情報収集状況、
痛みレベル、仕事の環境、趣味、
人間関係の種類や深さ、生活の質など。


社会の状況とは、

AI時代到来、SNS普及、医療費の増大、
少子高齢化、デフレ、テクノロジーの進歩、
遺伝子検査の普及、マッサージ機の進歩、
地方の過疎化、医療従事者の増加、
マスメディア広告費減少、孤独化など。


こうした状況を見極めて、
ベストな対策を考えていく必要があります。

戦に例えると、戦況の把握です。
~~~~~~~~~~~~~~~


戦況が分からないのに、
戦略は立てられず、
戦術が活きず、
戦闘力が高くても意味なし。


まずは、戦況の把握からのスタートです。


戦に挑むには、

1)戦況
2)戦略
3)戦術
4)戦闘

という、4つの要素が必要で、
そのスタートとなるのが戦況の把握です。


患者さんのカラダを観る時も、
最初は【問診】からスタートしますよね。


患者さんのカラダの状況を把握します。


経営をする時も、
まずは、社会の状況を把握したいところ。


とはいえ、

素人判断でカラダは把握できないように、
戦況を見極める力が、
最も時間が掛かる作業だろうと思います。


把握したいことは、

患者さんがどんなことで困っていて、
~~~~~~~~~~~~~~~~~
何を欲しがっているのか?
~~~~~~~~~~~~


という願望や欲求です。


痒いところに手が届くと、
サービスを受けた人から感謝されますね。


僕は美食家コミュニティに属しているので、
経営者と関わることが多い。


彼らは、健康に興味や関心があります。


一般の人よりも強い関心を示していますし、
健康へ投資は惜しみません。


ただ、治療家として、
治療にプライドを持って取り組むことや、
自信、コミュニケーション能力、
気遣いのレベルなども観察されています。


「なるほど、そんなことを望むのね」


という欲求や願望、
求める水準レベルを肌感覚で掴めます。


3つの状況のおさらいです。

・自分の状況
・他者の状況
・社会の状況

これら状況を知ることで、
戦況が見極められるようになってきます。


<自分の状況>

・自分史の書き出し:子どもの頃から
※何で悩み、何を取り組み、何で変身した?

・興味深いこと、ハマっていること、
 熱くなれること、苦手なこと、不安なこと、
 得意なことなどの洗い出し

・応援者や協力者の抽出


<他者の状況>

・患者さんの話に耳を澄ませる
※仕事、家族構成、興味性、性格など

・店舗周辺のお店で買い物や飲食をする
※地域のインフルエンサーから情報を得る


<社会の状況>

・新聞、雑誌、テレビなどを見る
※世間が何に注目しているかを知る

・キュレーションサイトのニュースを見る
※時代がどう流れているかを知る

・街ブラをする
※自分の住む地域の変化を早くキャッチする

・ライバル店をネット検索する


など、身近にできることもあります。


戦況を見極めた上で、
戦略を立て、戦術や戦闘を実行しましょう。


参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。


山崎

 

https://washinjyuku.com/shindenlp/

============================
感動を呼ぶ「芯伝整体」の秘密
→ https://washinjyuku.com/shindenlp/

『身体の使い方の秘伝』など、
期間限定で2大特典を無料プレゼント中!
============================

 


身体の使い方の理