和身塾

■ セラピスト勝利の方程式

芯伝整体, 身体原理


セラピスト勝利の方程式

こんにちは、山崎です。

今日は東京出張。

昨日は久しぶりに人の心遣いに触れて、
心と体が癒されました。

「俺、こんな繊細やったっけ?」

知らないうちに、
心と体が疲弊していたみたいですけど、
改めて「心遣いの価値」に触れました。

やっぱり大事やなー。

 

好きな仕事で報酬を得る

独立起業して、
セラピストとして活躍していきたい。

そう思っても、
起業してお金の『不安』が少ない人は、
全体の10%ぐらいだと思います。

何故なら、

お金の不安がなくなる時というのは、
年収800万円/一人世帯あたり

と言われており、
夫婦で共働きなら1500万円が必要。

つまり、ほとんどの人が、
死ぬまでお金の不安が大きいわけです。

今後サラリーマンという働き方は、
ますます経済的にも厳しくなります。

いずれかのタイミングで、

『好き(自己実現)で報酬を得る』

という働き方にシフトしないと、
超高齢化社会では生き残れなくなります。

僕は全資本を投入してまでも、
好きで報酬を得るという「生き方」に
掛けることが賢い選択だと思います。

1)金融資産
2)人的資本
3)社会資本

のうち、

2)の人的資本が、確保できるからです。

セラピスト勝利の方程式

これからの時代に於ける『セラピスト勝利の方程式』とは!?

下記の3点を『掛け算』にします。

—————————————-

1)スペシャリストとしての権威化
2)優れたマーケティングシステムの導入
3)コミュニティ構築:愛情・貨幣空間

—————————————-

この3つを掛け算すると、
豊かな働き方が実現できると思います。

整体院や整骨院経営として
経済的な成功を収めているところは、

2)マーケティングが

強いことが象徴的と言えるでしょう。

 

しかし、

彼らには金融資産が溜まったとしても、

・人的資本(好きを報酬にする)
・社会資本(人との繋がり)

が、不足しています。

めちゃくちゃ働いてお金は稼ぐけど、
なかなか人生の充実には繋がりません。

セラピストとして成功し、
豊かな暮らしと人生を充実させるには、

—————————————-

1)スペシャリストとしての権威化
2)優れたマーケティングシステムの導入
3)コミュニティ構築:愛情・貨幣空間

—————————————-

この3つが必要となります。

全てを手に入れるための費用

この3項目を手に入れるには、
現実的な話、各々につき数百万円が必要。

1)スペシャリストとしての権威化

国家資格を取得することも、
スペシャリストの入口に過ぎないわけで、

ここからの道のりが長いわけです。
これで1千万円ほど掛かる人もいます。

2)優れたマーケティングシステムの導入

ここへの投資が、最も費用が掛かります。

・マーケティング
・ブランディング
・コピーライティング

更に、

・コンテンツ制作
・コンテクストの構築
・広告費

などを加えると莫大な費用が掛かり、
僕も全体像を把握するまで大変でした。
めちゃくちゃ勉強が必要です。

クリエイティブクラス

セラピスト、整体師、トレーナー、
治療家、インストラクターなどの仕事は、
医師や弁護士などと同様に、

『クリエイティブクラス』

と呼ばれ、

『マックジョブ(バックオフィス)』

と呼ばれる仕事とは、
一線を画する仕事だとされています。

マックジョブは、
マクドナルドをもじった呼び方であり、
代替可能な作業を指します。

外国人労働者や
急速なテクノロジーの発展によって、
労働者が不要となる時代です。

クリエイティブクラスにも、

・拡張可能な仕事:クリエイター
・拡張不可能な仕事:スペシャリスト

があります。

拡張可能な仕事:コンテンツが資産

整体院、整骨院、ヨガ教室は、

スペシャリスト=拡張不可能な仕事。

労働量(時間)=売上となります。

未来を拓く働き方とは、
拡張可能でクリエイティブな仕事です。

「私はスペシャリストでいいや」

と思っても、情報化社会では、
金融資産を構築することが極めて難しい。

と言えます。

クリエイターとは、
作家や芸術家、企画提案者などで、

YouTuberもクリエイターに当たります。

クリエイターが制作(創造)するものは、
『コンテンツ』と呼ばれます。

このコンテンツの質を高め、
電子的な手段で『拡張』させることで、
労働量を増やさなくても、

【金融資産】を構築することができます。

そこで考えられることは、
拡張可能なクリエイティブな仕事を、

・自ら行うか?
・チーム(プロジェクト)を組むか?

という選択です。

 

いよいよ販売開始!!

【芯伝整体実技】オンラインプログラムはこちら


身体の使い方の理